馬プラセンタ口コミ比較ランキング

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

医薬的にも美容の分野においてもその効果に期待が寄せられ注目を集めるプラセンタは、医薬品、美容サプリメント、化粧品、健康食品など幅広く利用されています。プラセンタは哺乳動物が妊娠期間中に発達させる胎盤が原料となっており、ヒト、ウシ、ブタ、ウマ、ヒツジなどから抽出精製するエキスを使います。含有する成分や量、品質など由来する原料によってそれぞれ特色と違いがありますが良し悪しについては一概に言うことはできません。 ヒトをはじめ生きとし生けるものは育った環境に大きく影響され、全ての環境が原料となるものの品質を左右し、最終的には抽出精製し利用されるプラセンタエキスの純度や有効性にまで響いてくるからです。サプリメントを選択する際、自分の体質や相性に適した素材を選ぶと同時に原料のバックグラウンドを確認し検討の目安にするのも良いでしょう。

 美容成分としてサプリやコスメに使われるプラセンタは動物由来のプラセンタが一般的です。その中でも主流を占めるのが豚プラセンタです。狂牛病(BSE:牛海綿状脳症)発生以来、それまで市場の大半を占めていたウシのプラセンタに替わり、今では安全性と安定した量産型の実用的な製品化にはブタのプラセンタエキスが広く使われています。

同じ哺乳動物とはいえ食肉や家畜としての関わりが強いブタに心理的距離を感じる人も多いと思いますが、人間とブタの細胞組織には融合性があり類似性が高いとの認識から日本では医療用の生体肝移植実験に使われ、海外では脳移植に使われています。 最近では豚プラセンタは安全性をより強化し、成分の有効性を高めるためにSPF豚(豚がかかりやすい病原菌を持たないように特定の飼育方法で育てられたブタ)や生産者、与えた飼料、飼育方法などを追跡することができるトレーサビリティーシステムを徹底した環境で飼育されたブタを原料に使うなど、市場で主流を占める豚プラセンタの安全性はより高いものとなっているのが特徴です。

 最近特に注目度が高まっているのが馬プラセンタです。馬プラセンタは他の原料由来のプラセンタと比較してアミノ酸や栄養素など有効成分の含有量が非常に高いのが特徴です。ブタと比較して250倍ものアミノ酸を含みます。 ウマは年1回の出産で1頭生むのが一般的です。1回の出産で10〜12頭を生み年に2.5回も出産する多産のブタに比べてウマは絶対数が少なく、特別な臓器として大きく厚く発達するウマの胎盤は栄養や有効成分濃度が高まります。さらに馬プラセンタの場合、多くは選りすぐりのサラブレッドから採取され加工されます。純血で徹底して整備された環境に育つため安全性にも優れます。馬プラセンタは美肌やアンチエイジングに効果的で有効な成分含量が高い、高付加価値のあるプラセンタなのです。

>>馬プラセンタ商品のランキング1位〜5位をコチラから見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2014 馬プラセンタ口コミ比較ランキング All Rights Reserved.
[他] プラセンタV3 モモプラ シャイニー Dr.元臓 エステティックゲル01 リボテ プロプラセンタ ピュルサンベルファム プルクル