馬プラセンタ口コミ比較ランキング

馬プラセンタとは

プラセンタは肝機能の改善や更年期障害を緩和するなど医薬的な薬効が注目されると同時に、美白や美肌をつくりアンチエイジングをサポートするなど美容面においても大変注目度の高い成分です。  プラセンタとは胎盤のことで哺乳動物が赤ちゃんを生むときに発達してくる特有の器官です。ヒトをはじめ、ウシ、ウマ、ブタ、ヒツジなどの胎盤から抽出精製したプラセンタエキスが医薬品として、または美容成分として広く汎用されています。 市場ではヒト由来のプラセンタは医薬品として使われ、美容成分としてサプリやコスメに使われるプラセンタは動物由来のプラセンタが一般的です。狂牛病(BSE:牛海綿状脳症)発生以来、主流であったウシのプラセンタに替わり、今では安全性と安定した量産型の実用的な製品化にはブタのプラセンタエキスが広く使われていますが、有効成分に優れ希少価値の高いウマのプラセンタがより人気をよんでいます。

 胎盤であるプラセンタは赤ちゃんの呼吸、代謝、排泄、分泌、免疫などの体の機能を代替するいわば臨時の臓器であり、お腹の中で赤ちゃんを守り育てる大切な役割を持ちます。そのため胎盤には豊富な栄養素や体を上手く機能させるのに欠かすことのできない生理活性物質、酵素、アミノ酸やミネラル類などが含まれ、その種類は約5,000種類にもおよびます。その中には細胞を活性化させて美肌をつくり、アンチエイジングに必要な成分もたくさん含まれているのです。

よくウシやウマなどの哺乳動物が子どもを産んだ後、胎盤を食べることをするのは動物の本能として胎盤には多くの栄養素や体力を回復させる成分があることを知っているのかもしれません。ヒトにおいても古くから産後に胎盤を食べる習慣があり、今でも病院や助産院によっては食べさせてくれるそうです。

 馬プラセンタは他の原料を由来とするプラセンタと比較して含有するアミノ酸や栄養成分量が非常に高いのが特徴です。妊娠期間や出産頭数から見ても馬は妊娠期間が約333日で1回の出産で1頭生むのが一般的です。約1年にわたる妊娠中に馬の胎盤はヒト同様、子どもを育てるための臓器として大きく厚く発達するため、栄養素や有効成分濃度が高まります。1回の出産で分娩されるウマの胎盤は約5〜10kg(ヒトの場合500g)になるそうです。 馬プラセンタは美肌やアンチエイジングに効果的で有効な成分含量が高く、安全性にも優れるため希少価値が高く高価でもあります。

>>馬プラセンタ商品のランキング1位〜5位をコチラから見る<<


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2011-2014 馬プラセンタ口コミ比較ランキング All Rights Reserved.
[他] プラセンタV3 モモプラ シャイニー Dr.元臓 エステティックゲル01 リボテ プロプラセンタ ピュルサンベルファム プルクル